水素水の作り方って?

トップページ
お気に入りに追加

水素水を自分で作ることができる!

754917cf0806c5145cd59a19549fa462_s

水素水が良いということから生活に摂り入れている人は多くなっていますが、どのようにして水素水を手に入れているでしょうか。

アルミパウチの水素水を購入しているという人も多いのかもしれませんね。

アルミパウチの場合には、とりあえず水素水を試してみたいという人にとっては手ごろな価格でお試しすることができる都合の良いものとなっています。

でもせっかくの良いものなら長く続けたいとなった場合にはどうでしょうか、最初の何個かであれば手ごろな価格で済むものも毎日毎日となると少々負担が大きなものとなってしまいます。

水素水は自分で作って飲んだり使用したりすることもできますから長期での利用を考えているような場合にはそちらの方がお得になるかもしれませんね。

水素水を自分で作るためには?

水素水を自分で作る方法はどのような方法があるのでしょうか?

自分で作る場合には、スティックで作る方法とサーバーを利用する方法とがありますが、それぞれにメリット、デメリットがありますからよく検討してみる必要があります。

まずは水素水スティックを使う方法となり、これは、マグネシウムスティックとも呼ばれているものになるのですが、メーカーなどによって形は違いますがスティック型の容器にマグネシウムが入っているものとなります。

マグネシウムが水に入れることで化学反応を起こして水素を発生させることができるものです。

ペットボトルなどでも簡単に自分で作ることができますから、外出先などでも便利なものとなっています。

ただし、作ってからどんどん水素は抜けていくことになりますから、できるだけ早く飲むようにするのがポイントになるでしょう。

かなり多くの種類のスティックが販売されていますから、どれが良いのかということもありますが、できるだけ濃いものの方が良いでしょうし、マグネシウムも大きなものであった方が長く使うことができます。

スティックはかなりの種類が販売されていますから、それぞれの使い方によって合ったものを選んで自分で水素水を作ってみるのもいいでしょう。

サーバーで水素水を作る!

水素水を自分で作る場合にはマグネシウムスティックとも呼ばれているスティックを利用して作る方法ともう一つサーバーで作る方法があります。

サーバーで作る場合には水素水を作ることができるサーバーというものがありますからこれを購入して好きな時に作って飲んだりするということになります。

サーバーは、アルミパウチやスティックの物に比べると高額なものになってきます。

といっても初期費用がということになり、一度購入してしまえば後は定期的にカートリッジの購入などを行う程度の費用で済みますから2年、3年と継続して利用する場合には他の方法よりもお得になってくるでしょう。

サーバーであれば、いつでも好きな時に利用することができ、量もしっかりと利用することができますから、しっかり使いたい人にはピッタリですね。

初期費用として必要となるのはサーバーの種類もかなり多くなってきていますから巾はかなりありますが、10万~20万円程度のものが多いでしょうか。

どれが良いのかということはそれぞれの製品の特長などをよく検討する必要がありますね。

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s

サーバーで水素水を作るのは簡単なの?

サーバーで水素水を作る場合には、どのような作業が必要となってくるのでしょうか。

中には、面倒な作業が必要なら他の方法の方がいいという人もいるのではないかと思いますが、メーカーによっても違いがありますが、それほど面倒な作業が必要ということはありません。

製品によってはメンテナスには多少手間が必要というものもあるようですが、水素水を作るということでいえば多くの場合でボタンを押すだけで作ることができるようになっています。

ただし、水素を水に充填することになりますから、それにかかる時間にもかなり違いがでてきます。数十分でできるものもあれば数時間かかるというものもありますからこれは使用の仕方によっても適切になるものは違ってくるでしょう。

基本的には水を補充してボタンを押すというだけの作業となってきます。

後はメンテナンスの問題になりますが、これも製品によってかなり違いがあり、特に必要のないようなものもあれば定期的にきれいに掃除を行った方がよいものもあります。

単純に考えればメンテナンスはできるだけせずに清潔な状態を保ることができるようなものがよいですね。

またカートリッジの交換が必要となってきますが、カートリッジの費用も製品によって変わってきますから消耗品でどのくらいの費用が必要となるのかということも選ぶときには参考にした方がよいでしょう。